space
PDXJapan
ポートランド生活情報
HOME > ポートランド生活情報INDEX > アパート・賃家について
space space space
アパート・賃家について

アメリカの住宅価格は、アパートを貸るにしろ、家を購入するにしろ日本と比べてとても安いように思われます。場所にもよって異なりますが、日本では手に入れることの難しいマイホームでもアメリカでは家賃と同じぐらいかそれ以下の毎月のローンで手に入れることができます。

アパートを貸りる時は、日本のように敷金や礼金の数ヶ月分といった大金がいらなくてすみます。普通は、一ヶ月分プラスにセキュリティーディボーゼット(約一ヶ月のアパート代くらい)を納めれば貸りられます。

また、アパートは、ごみ代・ケーブル代・駐車場の場所・室内プールや管理費代などがあらかじめ賃貸料に含まれているところが多いようです。新聞のCLASSIFIEDを見てアパート・賃家を探すのが一番手っ取り早い方法です。やはり、最新の情報が載っているのは新聞だと思います。

その他には、アパート・賃家を斡旋してくれる会社もあります。または、キングスーパーやセーフウェーにおいてあるFREEのアパート雑誌などです。自分の気に入った場所や家賃の合う物件を見つけたら電話をかけて下見に行くことです。家賃の相場が見合っていても見に行かなければどんな場所にあるのか、部屋の様子や近所がどんな風なのかもわかりません。気に入った物件があったら、いつ入室できるのかどんなサービスが家賃に含まれているのかをちゃんと確かめてから契約しましょう。

最近のポートランド周辺は人口の増加によって家の値段も毎年、高くなりつつあります。しかし、日本で購入するより安いこともあり、マイホームを望む人が多いのは当然のように思います。

アメリカの住宅を購入する際には、頭金はどの位支払えるのか、どの位のローンが組めるのかを検討する必要があります。まず、住宅探しをする前に銀行やモーゲージ会社からローンを適任してもらえるというPre-Qualifiedを得ておく方が、マイホーム購入がスムーズにいきます。主な住宅ローンは、15年ローンと30年ローンの2種類があり、利子もローン会社によって異なります。(平均は約6.5〜8.5%くらいです。)

マイホーム購入には国定資産税や住宅保険なども支払わなければなりません。ローンを貸りた場合、毎月のローンに組んで払っておくとローン会社が積み立てておき毎年一回のそのような支払いをちゃんとして貰えます。

日本とアメリカでのマイホームの購入には違いがあるとおもいますので、専門家である不動産屋や不動産弁護士に相談してみることもいいと思います。

TOP
space space
space | HOME | INDEX | Updated May, 2002
Copyright (C) PDX Japan. All rights reserved.